洗濯機 冷蔵庫 テレビ 引越し

洗濯機、冷蔵庫、テレビの引越し方法について

洗濯機、冷蔵庫、テレビの引越し方法についてお勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

引越しに慣れていない場合、どのように荷物を梱包したらよいのか?
引越し業者にすべてお任せしていいのか?などわからないことが多いでしょう。
また自力で引越しをする場合も、梱包の方法、搬出、搬入に際して
気を付ける点などもわからないかもしれません。
ここではどの家庭にもある荷物として
冷蔵庫、洗濯機、テレビの引越し方法について考えてみましょう。

 

冷蔵庫、洗濯機、テレビの引越しは引越し業者にお任せした方がよい

冷蔵庫、洗濯機、テレビはどのご家庭にもある家電製品であり、
かなりの大きさ、重さがあるので自力で引越しするのは非常に危険です。
特に冷蔵庫や洗濯機は大きいのでまず1人で運ぶのは無理でしょう。

 

さらに洗濯機は取り外し、取り付け作業も非常に難しく、
引越し業者など専門スタッフに依頼しなければ故障の原因にもなります。
またテレビも無理な輸送方法をすると画面に傷がついてしまい、テレビが壊れてしまう…
なんてこともありますので、引越しを自力ですると頑張りすぎずに
できない家具や家電ははじめから引越し業者に依頼した方が安心でしょう。

 

冷蔵庫の引越し方法について

冷蔵庫を引越しする場合、中身はすべて空っぽの状態にします。

そのために冷蔵庫にある食品は計画的に引越しまでに消費する必要があるのです。
また食品が残りそうな場合にはクーラーボックスや
発泡スチロールに保冷剤を入れて引越しするようにしましょう。

 

引越し前日には水抜きと霜取りをしなければなりません。

水抜きとは製氷機内の氷、蒸発皿の水を捨てる作業であり、
氷が残っている場合には冷蔵庫の電源を切って氷は捨てておきます。
蒸発皿の水を捨てる作業については当日も
引越し業者の作業スタッフがおこなってくれるケースもあるので確認が必要です。
霜取りは冷蔵庫内についている霜を溶かして、ふき取っておく作業になります。
霜が解けると水がでてきますので、冷蔵庫内にはタオルを敷いておくと安心です。

電源コードやアース線などは養生テープなどで側面に止めておくようにします。
また冷蔵庫の搬出、搬入時はできる限り冷蔵庫を傾けないように運びます。

傾けすぎてしまうと、車の振動によって冷蔵庫のコンプレッサー内のオイルが
冷却装置に流れこんでしまい、故障してしまう場合があるのです。

 

洗濯機の引越し方法について

次に洗濯機の引越し方法についてです。

洗濯機も冷蔵庫と同様に、洗濯機にたまっている水を取り除くための水抜き作業が必要になります。

洗濯機内部に水が残っている状態だと、引越し中に水漏れしてしまい、
他の荷物が濡れてしまったり故障の原因になったりしてしまうので
しっかり完全に取り除いておく必要があります。
洗濯機の水抜きは水道栓を閉じて給水ホースを外します。
ホース内にも水が残っているのでホースの水抜きも行います。
ホースを抜いた状態で脱水ボタンを押して、洗濯槽内の水分をタオルでふき取り、
排水口から排水ホースを抜いて、本体を傾けて残った水を出していきます。
洗濯機の種類によっては取り付け、取り外しが非常に面倒な場合もあります。

特にドラム式洗濯機の場合、素人での取り付け、取り外しは
難しいため、専門の業者にお任せした方が安心でしょう。

洗濯機、冷蔵庫、テレビの引越し方法についてお勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

テレビの引越し方法について

テレビの梱包は購入した時の箱があれば、それに入れるのが一番手っ取り早いですが、
ほとんどの人はその箱を捨ててしまっているでしょう。

引越し業者にテレビの運搬を依頼している場合、
テレビ専用の梱包ボックスを引越し当日に持ってきてくれるので、
それに入れて梱包し、配送をするだけでOKです。

自分でテレビを運ぶという場合には画面がわれないように、
段ボールなどを2枚以上重ねて貼り付けて、エアパッキンなどで全体を包むようにします。
またテレビの配線がわからなくなると搬入してテレビの取り付けの時に大変ですので、
携帯などで配線部分の写真を撮影しておくと後の作業がらくになるのでおすすめです。
引越し業者によっては配線まで行ってくれる業者もありますので
その点は一度確認してみるとよいでしょう。

 

テレビ、冷蔵庫、洗濯機の引越しを安くするには?!

テレビ、冷蔵庫、洗濯機の引越しをできるだけ安く抑えたいのであれば、
引越し見積もり無料一括請求サイトを利用してみましょう。

引越し見積もり無料一括請求サイトを利用すれば
どこの業者に依頼すれば一番引越し費用を安くできるかがすぐにわかります。
1回の申し込みで最大10社からの見積もりを請求することができます。
10社の見積もりを見れば、どこの業者が安く、どこの業者が高いかが分かりますし、
電話連絡してくる業者であれば、その対応の良さもわかるでしょう。

また業者によってサービス内容はまちまちです。

ダンボールなどで梱包資材を無料で提供してくれるところもあれば、
梱包資材は自分で用意しなければならない場合もあります。
引越し見積もり無料一括請求サイトを使えば
割引特典が使える場合もあるのでおすすめですよ。
まずは引越し見積もり無料一括請求サイトを利用して安い業者をピックアップして、価格交渉をしてみましょう。

 

洗濯機、冷蔵庫、テレビの引越し方法について お勧め一括引越し見積もり

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。